胸焼けの主な仕組みなど

食道(esophagus)などや、胃(stomach)を結んでいるエリアなどに、下部食道括約筋(lower esophageal sphincter:LES)などと呼ばれている、筋肉などが存在しております。

これらは胃酸が胃以外の器官などへと流れ出さないようにする、弁のような役割などを上手く果たしていたりします。

この機能自体が大きく鈍ったりして圧力などが、すっかり低下してしまう事で、弁そのものがきちんと閉じなくなってしまい、常に開きっぱなしの状態へと、陥ってしまう場合などが出てきたりします。

そうなる事によって、胃酸が完全に逆流してしまい、食道の部位などがすっかり炎症状態に様変わってしまう為、胸焼けの症状などを、必ず引き起こしてしまいます。

下部食道括約筋では、加齢・肥満・姿勢・食事の摂り方が原因となり、次第本来の働きなどが、めっきりなくなってしまいます。

この他にも過度に胃酸が分泌されたり、胃の臓器などへと、極端に圧力などを掛けて行く姿勢などでも、胃酸の逆流症状などが大変起こりやすくなってしまいます。

比較的軽度の胸焼けの症状だったり、たまたま飲み過ぎたり食べ過ぎた事による、起こってしまう胸焼けであるのならば、自らの生活習慣の工夫次第で、スムーズに解消出来たりもします。